「フランキンセンス」「癌に効く」

「フランキンセンス」「癌に効く」

CRYSTALLIZE
アロマライフ エッセイ ヤングリヴィング


ちょっと気になる質問を頂いた。

その方は、アロマはあまり知らないけど、フランキンセンスが癌に効く、という事で興味を持ってお問い合わせ下さったようだった。

質問の内容が気になったというより、「フランキンセンスが癌に効く」という事をアロマをあまり知らない人が知っている、もしくはどこからか知って気になっているという事が気になった。

効くかどうかは私は解らないけど、そういう研究は進められている。

私がヤングリヴィングに居た頃、薬事法には気をつける様に言われた。なにをどう気を付けないといけないかと言うと、ディストリビューターがヤングの製品の宣伝などで薬事法違反を犯すとヤングリヴィングが厚生労働省から警告や営業停止の処分が起こる可能性があるのね。

だから、ネットに書くな、とか、文書に残すな、とよく言われていました。

以前、書いた、ブログ記事、「ヤングとドテラへのFDA(アメリカ食品医薬品局)からの警告」警告レターでは、ディストリビューター達が、「xxオイルは●●に効く」みたいな効用を書いていたのも指摘を受けていた。ヤングの時に言われていた事がこういう風になるんだと知った。

お問い合わせを頂いて、「フランキンセンス」「癌に効く」で検索をしてみると、ヤングリヴィングのディストリビューターかドテラのディストリビューターが書いているブログに結構当たるの。ヤングやドテラにとっては法的にリスクの高い事で、FDAの時みたいに、日本だと厚生労働省に警告をされる可能性もあると思う。


まず、その情報がどういう人が書いているか。ビジネスの為の広告的要素があるのなら、そういった薬事法などのリスクを理解したうえで書かれているのか、安易に書いていあるのか、その人は研究者で本当に研究して書いているのか。それとも本当にそういう体験をしたのか、など、見極めながら情報を選ぶ事がこれからは大事だと思う。


私は医師や研究者ではないので、「フランキンセンスが癌に効く」という事は言えませんし、私がもしも薬事法を無視してそう言ったとしても、それは私に癌克服の体験が無い限り、誰かの研究結果や発表を書く程度でしょう。

インターネットには様々な情報があります。

その中で、何を選び、何を信じるか。

信じる前に、どこまで自分で追及して調べるかもありだと思います。

調べて、調べて、調べまくって、沢山の情報を得て、その沢山の情報から何を取捨選択するか。

癌は、命にかかわる病気です。

私は安易に、「フランキンセンスが癌に効く」とは、言いません。

私が言える事は、大切な誰かが癌になったのなら、


「悔いのない様に、その人との時間を大切にしてください。

フランキンセンスは癌にいいとも言われています。良かったら、フランキンセンスを使ってマッサージをしてみてはいかがですか。肌を触る事で、言葉では伝えられない、言葉では言えない事が伝わってくるかもしれません。

きっと、その時間は、とても大切なその人との時間になると思います。」



悔いのない様に。

こういう時、私にできる事は、「フランキンセンスが欲しい」という方に、フランキンセンスをお手元に届ける事だけなのかもしれません。

オイルの背景にある化学(VIII.抗がん性)
フランキンセンスを、飲む。

☆アロマシールド製品はこちらから☆


月1回の気まぐれなメルマガ
☆登録してね☆





アーカイブ

サイト内を検索