「ブタから猫になりました」最近の、そんなつれづれ。

「ブタから猫になりました」最近の、そんなつれづれ。

CRYSTALLIZE
エッセイ



毎日、別に、何ともない日々が続く。

私は基本的には怠け者なので、必要が無ければ何もしたくないの。

毎日、色んな事は考える。

なんでだろー、なんでだろーと。

今の仕事をしていていなかったら、なんでだろー、と、考える事もそれほど必要もない気もする。


言いかえれば、ふとした事に、なんでだろー、と、疑問を持つというより、なんでだろー探しをしているのかもしれない。けど、なんでだろー、は、尽きないので、時々疲れる。

でも、なんでだろー、が好物でもある。


最近は、ネット上で活字を見ても頭に入らない。多分溢れかえっている、それぞれの言い分を含む情報に疲れている気がする。世の中の価値観の変化や動きをを何となく感じておきたいから、ざざっとニュースをチェックしたりはするが、ざっとタイトルを見て読む記事はそれほど多くない。

そう言えば、髪切りました☆

そう言えば、髪切りました☆



幸せか、不幸かというと、幸せだと思う。

今は、はち切れんばかりのハッピー感は無いし、ルームメイトがこのマンションを売る為にとりあえず行き場ないからとキューバに行く事にしたけど、キューバで目的や目標があるかと言えば、目的を探したがる自分がいるなと思う。言い換えれば、たいした目的は無い。


数年前から、私流の一つの哲学がある。


自分で、ああなりたい、こうなりたい、と、あまり設定をしない。というか、

だいたい、しても、自分の思う様に事は進まない。

それより、風がどう吹いてるか。それにあまり逆らわない。


年明けからマンションを売りに出し、こんなボロマンション買い手つくのか?と思っていたら、いいタイミングで、いい条件で買い手がついた。私が困ったからと言っても、そんな風が吹いているから、だから、そういう流れで、何も問題がない、こんな流れなんだろう。

コイツ(ルームメイト)のせいで、追い詰められたから、キューバ行き決めた部分もあるけど、コイツに追い詰められなかったら、腰上がらなかったと思うし、そんな流れなんだろう。


自分で考えて、選択して、行動する事を推奨する私だから、矛盾していると思うかもしれないけど、風がどう吹いているか、なんでだろー、でも、なんかこう吹いている、だからきっと今はこっちかなー、みたいに、自分で感じて自分で選択する。直観と言うのだろうか。

その直感は、他人には理解できない。

自分が感じている事だから。


人のいう事は参考にはするけどあまり聞かない。従わない。


私の未来への希望や要望は私なりにあるが、それがいつもいい様に進む訳じゃない。


目の前に落ちて来た、何かに、反応して、何かに取り掛かる。

それは、人との出会いだったり、出来事だったり。多くの場合、全く想定してない事だったり。

そうやって、自分で設定してない事が起こって流れで受け入れて行く。

自分が設定した事や望むい事は、今までの自分の経験や知識というリソースを元に算出されるだけの事で、世の中には知らない事、自分のリソース外の事がかなり多いと思う。


そんな風に行き当たりばったりに生きているからか、時々困る。

自分でどうしようも出来ない事は、助けてもらう。そういう時は頭も下げる。

助けてもらえて、私は幸せモノだなーと思う。


最近、時々、自分を野良猫の様に感じる。

悪い意味じゃない。


自分の気分で生きてる。プライベートで人に会う約束はあまりしない。自分の気分で勝手に現れる。

適当に空気も読めるので、その人が忙しそうだったら、さっと去る。

そんな風なスタイルを嫌だと思わず喜んで迎えてくれる人達もいたり。

どうも、それで、あまり、迷惑がらない人もいるようだと、最近気付いた。


ルームメイトと会話する時も、夜中に適当に突然私が現れて、適当に会話が始まる。2時間とか3時間。

ここに引っ越してきてから、だいたい、このパターンで彼とは交流を適当に深めている。それで、たいして問題もなく人としての信頼関係を自然に築いていっている。



ふと、野良猫みたいだなー、と思う。

実は今まで(というか、子供の頃)猫が、犬の様に育てられてたんじゃないか、と、ふと思う。

飼い猫でもない。



孤独はあるし、不安もあるけど、不満は殆ど無い。

現実的な不安や、物理的な孤独。

人が持っていて、自分が持っていない物を数えたら、キリがない。

退屈と言えば、退屈。

でも、それが不幸かと言うと、そういう感じじゃない。

幸せな退屈だとも思う。


また、新しい環境に入ると、変化の中でいろんな疑問や葛藤もあったりして、脳の中で処理が忙しくなり、なんで、なんで病が発症し、知ろうとする好奇心がばく進するかもしれない。しないかもしれない。ばく進してしまったら、ぴょん吉Tシャツ着ているような感じになるんだと思う。

そういえば、突然、キューバイベントをする事になった。

前に、書いた記事「「英語」「多様性の理解」「自分で考える力」が子供達に必要かも」

その中にある、たまたま、前日にモーターサイクルダイアリーズを見たいと思って検索していて、翌日ウチに来た女子が、ご主人がそれを持っているという。その数日後、彼のお店にDVDを取りに行って、翌週それを返しに行ったら、そこでその映画を観る会やろうとかという事になり、その後そこにキューバの音楽に興味があるというDJ君がきたの。じゃぁ、キューバ系音楽も回そうかと。
つくってみた

つくってみた


じゃぁ、小倉でちらっと、キューバやりましょうか、と。

突然すぎるけど、そんな風が吹いたので、風の流れで。


野良猫の様に現れて、すっと去って行く。

飼いならされない野ブタは、最近野良猫の様になっている。

世の中の理不尽さや、複雑さ、多様すぎさに気づき、適当に味方や理解者が居たら、戦う必要性も減り、力が抜けているのかもしれない。


今、そんな感じの生き方が、結構気に入っている。

心地がいい。

白石、ブタから猫になりました。

世界を股に掛ける、野良猫です。

☆アロマシールド製品はこちらから☆


月1回の気まぐれなメルマガ
☆登録してね☆





アーカイブ

サイト内を検索