幸せだな~、と、感じる自炊の日々

幸せだな~、と、感じる自炊の日々

CRYSTALLIZE
エッセイ キューバ


毎日、結構疲れてる。
疲れてるくせに、夜眠れなかったり。
蚊にうなされる。

でも、毎日、ふと、幸せだな~、と、感じる。
食事のとき。

1回目のキューバは、宿のお母さんが食事を作ってくれてた。
2回目のキューバは全部外食。
そして、今回は自炊。

キューバに来たことがある人たちは口をそろえて、「キューバは美味しい物がない」という。

まぁ、許容範囲だけど、私もそう思っていた。
自炊をしてみようと思ったのは、倹約の為でもあった。食材も種類がないし、野菜も見てくれが悪いし、お肉屋さんも日中に冷蔵庫もなく、肉が並んでる。ハエとか飛んでる。

ま。仕方ないと思っていた。

そんな状態で並んでいるお肉になかなか手を出せず、初めて買った肉系は、ハムだった。その数日後にベーコンを買ってみたら、それがかなりいい感じに美味かった。

日本のスーパーに普通においているベーコンって美味しくないと思うのね。なんか加工ハムベーコンと言う感じで、色んなケミカルが入っていてついでに安くない。食べたい料理にどうしても必要な時には買うけど、殆ど買う事がない。でもここの汚く並んだベーコンはシンプルで、しっかり豚の味がして、美味しいの。

加工した肉の店

加工した肉の店



最近では、自分であれこれいじって、選んで、「今日のはいいね」「今日はだめだね」とか言ってこのお店のお兄さんと話す。

その向かいに肉屋があって、ここでも汚く肉が並んでる。
なかなか手が出せずにいたけど、私は肉食獣なので、肉が必要。力が出なくて目が回ってくるの。思い切って買ってみたら、豚肉も美味いのよ。いろんな部位が、塊で並んでいて、自分で、あれこれ、ちょちょりといじって選ぶ。
肉屋

肉屋



ブタには皮がついたまま。でも、それを圧力鍋で煮たりすると、かなり美味い。時々豚毛がついてる。老眼かけて抜かなきゃ(笑)。ここのお姉さんとも顔なじみになった。

そして、ここの見てくれの悪い野菜が美味しい。
はじめは、沢山ついている赤い土に驚き、形も不ぞろいで、「まぁ、仕方ないな」と思ったけど、とにかく食べてみるとみずみずしいしくて美味しい。

キューバ人たちが普通に使うお酢やオイルを使って、ドレッシングを作ってみたら、もうサラダが美味すぎて、野菜が新鮮でしっかりしていて、ガンガン食べていたら、数日後、歯と顎が痛くなった(笑)。

アメリカのスーパーの野菜なんて食べれなくなる。
日本の野菜より美味しいとも思う。味と傾向の種類が違うかも。

嫌いだったジャガイモを好きになった。
手に入るスパイスを数種類だけ使ってカレーを作ってみたら、ジャガイモウマ過ぎ。


カレー(^^♪

カレー(^^♪



ジャガイモ入りのカレーなんて20年以上ぶりに作った。


肉じゃがも作ってみた。
肉じゃが

肉じゃが




小ぶりで、皮をむくのが面倒くさくなるにんにくは、しっかりパンチが効いていて本当においしい。わたしはかなり面倒くさがり屋なのでこんなのを見つけて買ってきた。

にんにく潰し

にんにく潰し


とりあえず、これからは皮ついたまま、これで潰す。←手抜き

とにかく、素材が美味い。
にんにく、トマト、ベーコン、チーズを入れたパスタも、死ぬほど美味かった。そういえば、塩もおいしい。

パスタ☆

パスタ☆





ちなみに、チーズはオランダ製のゴーダを使用。普通に売ってる。
オリーブオイルはこの前奮発して買った物。


トウモロコシは固くて味が濃い感じ。日本の甘くて柔らかいのとは違った。品種が違うのかな~。
トウモロコシは固かった

トウモロコシは固かった



いつどの野菜があるか解らない。
季節が終わるとその野菜も終わる。
生きた野菜を食べながら、季節と共に生きているんだとも実感する。

蚊にうなされながらも、
今の経験や暮らしに、幸せを感じる。

☆アロマシールド製品はこちらから☆


月1回の気まぐれなメルマガ
☆登録してね☆





アーカイブ

サイト内を検索