ポルノソンのパパとハバナラジオに出演したハポネソン

ポルノソンのパパとハバナラジオに出演したハポネソン

CRYSTALLIZE
エッセイ キューバ サルサで感情解放



アル中のダニーのパパから電話。

「ショーコ!火曜日にラジオ局に行くよ!」

「???何するの?私ラジオでしゃべるの?」

「intervencionだよ」

なんだろ。
インタビューかな?
ま、いいや。

「火曜日ね」

===

どうも、パパはハポネソン(私の音楽プロジェクト)のプロモーションを始めたらしい。

酒臭いパパとHabana Radioへ。
パパの話だと、ハバナラジオと云う局は全国放送で今回行く番組はキューバのトラディショナルの音楽(古い音楽)をかける番組で、DJがイスマエル・レンソルという人で、パパの生まれ育ったグアナバコアの出身で、パパの知り合いらしい。

杖付きながらラジオ局へ



ハポネソンのアルバムは殆どがキューバのトラディショナルな曲。

ラジオ局の前で待ち合わせ、ビルに入り6階へ。フロアにはCNNやAP(Associated Pres共同通信の世界版みたいなの)。

アソシエイテッドプレス



CNN こういうのにテンション上がる



中に入ると、ちょい酒臭いパパは
「ダニーロホの父親だ」と、言う。

古いラジオや蓄音器が並んでた



「ショーコCDを持ってきたか?」

「はい!」

どうも私はこれからラジオに出演する様だ。


「私スペイン語あまり出来ないよ」

「大丈夫だなんとかなる」

収録室へ。

「今日は、若くてかわいい日本人の女性に来てもらってる。彼女はスペイン語があまり出来ないと言ってるよ」←若く見えるからね。多分30ちょっとって思ってるさ。

パパ饒舌に話す。
パパ元軍人で、自信あるしゃべり方するんだよね。

正直途中スペイン語解らず困ったけど、自分でいうのもなんだけど、私本番に強い。

後半戦のスペイン語解らず困ってきたころ。ラジオこんな感じだった。



収録が終わり、パパとオビスポ通りを歩くと、音楽が聞こえてくる。

パパとっても嬉しそう


パパ自身が元々ミュージシャンで歌を歌っていたの。

汚い?老人と手を繋いで歩いている(脚が悪いから手を持ってるの)私を、友達は不思議そうに見てた。

翌日数人の友人に、
「ポルノソンって知ってる?あの人ポルノソンのダニーのパパなんだよ」

「ええええええ!あのポルノソンの!?」

「そう、卑猥な汚い言葉のあのバンド」



☆アロマシールド製品はこちらから☆


月1回の気まぐれなメルマガ
☆登録してね☆





アーカイブ

サイト内を検索