心に蓋をしてしまった人たちへ。

心に蓋をしてしまった人たちへ。

CRYSTALLIZE
エッセイ



この数日間、ぐるぐるぐるぐる色んなことを考えてた。

人は生きて行く過程で
沢山の事を我慢してる。

周りの環境によって自分を適応させる為に
色々な方法で自分を守って来ていたり。

あまりにも辛い事があると、
蓋をする。

多くの人は、傷つきたくない。
痛みを感じない方がいい。
その為に身につけた防衛。
本人も気づいていない。ケース少なくない事が解った。

とっても大事だから、守ってきたんだと思う。
そう、「自分の心」。
大事なものだから傷付けちゃいけないし、守ってあげて欲しい。

でも、自分の意識とは裏腹に、
守りは、戦いを起こしたりする。
攻める事だけが戦いじゃない。

私に蓋は開けられない。
その人の悲しみは、見つめられない位しんどかったのかもしれない。
思いだせないものは、思い出したくないものは
思いださないでいい。

ハートが感じる事でその人壊れるかもしれない。
電話の越しに無責任に壊す事は出来ない。

でも、本当に自分にとって大事な事、
本当に、本当に、やりたい事は
ハートが感じる事。
その痛みの向うにある。

感情は魔物。
私は我慢が出来ない性分だったので
自分の感情で何度気が狂いそうになったか、
どれだけ叫んだか、物を壊したか、人に手を上げたか、
世の中で一番面倒で、一番、うざいのは私自身だった。

ゆっくり、ゆっくり心の扉に歩み寄る。
すこしずつ、すこしずつ様子を見ながら。
もう一度痛みを体験するかもしれない、

それは、あなたにしか出来ない。
覚悟も要る事だと思う。

でもね、
本当にその人にとって大事なものは、
その向こうにしかないんだ。

☆アロマシールド製品はこちらから☆


月1回の気まぐれなメルマガ
☆登録してね☆





アーカイブ

サイト内を検索