キューバ便りヽ(^。^)ノ2014年 その1

キューバ便りヽ(^。^)ノ2014年 その1

CRYSTALLIZE
お知らせ エッセイ キューバ


5月8日に無事ハバナに着きました。
元気です。morro

宿は、アニータとホルヘというご夫婦が経営しているカサ。民宿。ようこさんという日本人が間を取り持っている宿で、宿泊は日本人に限られています。
たまたま、ようこさんのハバナ滞在が5月8日~4週間。88歳のお父さんに大好きなキューバを見せたいと。車椅子やおむつを抱えてキューバを訪ねています。
女性用の3人の共同部屋。今はようこさんの従妹のひろ子さんとその娘さん、のぞみさんと、3人です。
19歳になる娘のロシーロは英語が堪能なので言葉などの不自由もあまりなく過ごしています。
ロシーロはでクラリネットを学んでいます。キューバの音楽の事などいろいろ教えてもらったりしています。

ロシーロの彼氏のアンドリアン。ダンスが上手いから彼を選んだらしい。
私のならったON2スタイルはニューヨークスタイル。キューバではタイミングなどステップが違います。これが解ってないと、うまく合わないの。
ロシーロやアンドリアンにキューバンスタイルの基礎を教えてもらったり。

音楽なっていたら、うっかり踊りたくなる、日本人?
毎日、どっかこっかで、踊ってしまっています(笑)
踊ると、すぐに仲良くなります。ひとつのコミュニケーション手段のよう。
踊れないキューバ人はいないとか。どうだろ。
ロシーロ曰く、「私達は血の中にある」と。

5月11日の日曜日は母の日でした。
ロシーロのおばあさんと、お兄さん、親戚。アンドリアンのご両親、その他お友達が集まってパーティでした。
ケーキは国から支給されるそうです。

ヴァンヴァネーラ!
チョーコ!
と、アンドリアンに呼ばれます。

ショーコ、ショーコ、ショコラーテ!って言うと、みんなすぐに名前を覚えるの。20年前にベネズエラ人がそうやって私を呼んでた。そういう有名な歌があったらしい。
だからそういうと、すぐに、名前を覚えてもらえる。でも、チョコなのよ(笑)

ヴァンヴァネーラは、国民的なバンド、ロスバンバン(Los Van Van)好きな女性⇒Van Vanena。
アニータも、アンドリアンのママもVan Vanena

チョーコ!ヴァン ヴァンだよ!!!Baila!!!!
と、呼ばれる。
パーティで、踊る(笑)
踊ろうよ~、と、踊りながら色んな人を誘う。
自分がこんなにダンス好きだとは知らなかった(笑)
ようこさんのお父さんも、手を取ると、足や手をバタバタさせて踊りたそうにする(笑)
言葉が通じなくても、踊れば仲良くなるみたい。

踊る。おどる。オドル。
楽しいよ。

でも、殆ど写真が撮れてないの。ごめんさない。
体験する事が忙しくて。
踊りだすとカメラなんて持ってられないしね。
いっぱい、体験してるよ。
動画が多いかもっ。

色んな事がありすぎ。書けないよ(笑)
嫌な事もあるけどね。
そうそう、日焼け止め塗ってるけど、ファンデーションの色が合わなくなるぅ~~。
あと、たっしょん、多いみたいで、NYの地下鉄の駅と同じ臭いがする。

この国の音楽は、本当に、素晴らしい。
キューバに来て、本当によかった。
とうのが、今のとりあえず。です。

元気にしています。


havana2
havana1

☆アロマシールド製品はこちらから☆


月1回の気まぐれなメルマガ
☆登録してね☆





アーカイブ

サイト内を検索