枠が無い人って、どんな人だろう。

枠が無い人って、どんな人だろう。

CRYSTALLIZE
エッセイ


先日、ある友人と、お茶してて、「Seinaは枠が無いからおもしろい」と言われた。
彼は、もう80歳くらいで、いろんな国に行って、外国に長く住み、外国人たちの中で仕事をしてきて、外国のとある有名企業の日本の社長をして、定年して、今、ここにいるのね。

枠が無い?

いや、あるけどっ。

それより、「枠が無い」と、感じさせるのは、なんだろう????
そもそも、彼の言う「枠」って?

今、スペイン語をグアテマラの先生に習ってて、グアテマラってなんですかぁ?という感じで、中南米の事とか、中南米の人種の構成とか、世界の事とか、内戦とか、知らないことがいっぱいで、そういった歴史や現実に加え、自分がなんて無知だったんだ(-_-メ)と、ショックを受けた。

この手のショック、自分の無知さが恥ずかしいし、愕然と、する感じ。あわてて、自分が言った事とか、撤回できないかな~とか、焦ったり。

近年気づいた事なんだけど、自分が知らない事、理解できない事とかを、否定する人ってよくいる気がするの。悪気はないんだけど、なんか否定的。私も昔はまさにそういう人だったの。私の場合は、そうやって、今までの自分を守るというか。新しいものを受け入れられないというか。

例えば、私のように、否定的に育てられた人、枠や常識の中でがっつり育った人って、知らないものや、知らない事、理解できない事を、肯定的に受け入れたり、尊重する事が難しいんじゃないかなと。

で、私、結構変わった気がするんだけど、どうして、こうなったかと言うと、壊れまくったんだと思う。で、壊れる事に慣れてきて、最近はそれがある種の快感に(笑)とはいえ、愕然と、したり、焦ったりするんだよ。

私、頭すんごい、固かったし、自分の価値観や常識を異質な人や価値観から守ろうとすごくしてきてた。自分の価値観や、常識、見識が、壊れるたびに、ショック受けて、いろんな事を調べて、いっぱい考えて、新しい価値観がもう一種私の中に入ってくる事を受け入れる。異国の人との接触は、驚くことだらけ。それが、何度も、何度も起こっているうちに、枠が無くなったというか、減ったというか、大きくなったというか。

今は、好奇心もあるし、怖がる事も、変なプライドも減った気はする。以前と比べたら、減っただけで、無くなったわけじゃないからね。

この、ハートに、ガクッとくる、ショック感。が、恐怖じゃなくて、快感になるのよ。そしたら、どんどん、自分が変わっていく気がする。好奇心がどんどん、広がっていく。




☆アロマシールド製品はこちらから☆


月1回の気まぐれなメルマガ
☆登録してね☆





アーカイブ

サイト内を検索