≪第3期感情解放プログラム≫モニター募集します

≪第3期感情解放プログラム≫モニター募集します

CRYSTALLIZE
お知らせ エッセイ セッション・講習 感情解放 感情解放プログラム


◆締切りました。
モニター募集は終了になります。
キャンセル待ちもしくは、2月以降のウェイティングリストになります。
価格は、5万円になります。
分割の場合は、プログラム中に3回に分け2万・2万・1万。になります





感情解放プログラムのモニターを募集いたします。
モニターの募集は今回で終わりです。

◆期間は、1月10日~(12週間)
◆モニターの価格は4万円 
◆レポートは、Wordファイルもしくは、メール。(WORD推奨)
◆毎週土曜日(日本時間)までにレポートを提出。
◆月曜日にその週の課題などを含む返信を送ります。
◆募集人数:3~4名

info@crystallize.jp 宛てに、下記の情報を添えてご連絡ください。

◆メールの件名:感情解放プログラム【お名前】
◆お名前:
◆年齢:
◆お住まいのエリア:
◆レポート提出方法:ワード OR メール
◆今持っているオイルのリスト:アロマシールドかYLのみ教えてください。それとローズ。
◆どうして申し込もうと思ったか:簡単に教えてください。
※心療内科などに通院中の方は必ずお知らせください。




時々きつい事も言うと思いますが、よろしくお願いします。

感情解放プログラムによく使いオイルについて、こちらもお読みください。
http://crystallize.jp/archives/8332

※分割可能ですか?と、質問を受けます。
⇒2万・1万・1万。プログラム中に3回に分けの分割でも承ります。




エッセンシャルオイルを使った感情解放のサポートとして≪感情解放プログラム≫というメニューを始めます。

週に一度レポートを提出していただき、3か月(12週間)をかけて
・自分へのフォーカスの仕方
・感情のほどき方、
・その都度、どのようにオイルを使って行くか、
・その感情にどういう風に対応していくか、
等を、アドバイスしながら、感情解放を行っていくプログラムで、ある程度の感情解放と仕組みが解ってきたら、他者へのセラピーの方法などもアドバイスしていくこともできる実践的な講習の要素をもったプログラムです。

今まで、感情解放に興味を持ち、たくさんのオイルをすでに持っている方には特に役に立つプログラムです。

ヤングリヴィングのオイル、もしくはアロマシールドのオイルで対応していきます。(ヤングのオイルはちょっときついあぶり出しもある場合があるので覚悟してください)

すでにお持ちのオイルのリストを提出していただき、出来る限り、今お持ちのオイルを活用しながら進めていきますが、感情解放に使えそうなオイルをあまりお持ちでない方には購入をお勧めする場合もあります。また、クリスタライズのブルガリアンローズはかなり活用できるので持っていてほしいオイルです。

3か月という期間は長いと感じるかもしれませんが、本当に自分が変わってしまった(((o(*゚▽゚*)o)))、と、心底実感する感情解放に必要だと思われる期間は、私の経験上、3年から5年だと感じています。

感情解放の作業には、波もあります。また、自分自身や感情に関して、気づく事、知っていく事、学んでいく事の深さや幅も少しずつ広がっていくので、数回の講習会で得られる知識では理解できない感情の仕組みやエッセンシャルオイルの感情への働きを、自分というフィルターを通して、体験、理解し学ぶ事が出来ます。

3か月のプログラムを2回(6か月)までは継続して取る事は可能ですが、2回を終わったら、必ず2カ月の期間を空けてください。その2カ月は自分でやってみる期間で、自分で感じて、自分で答えを出してみる。この時期がとても大切です。その後、プログラムの再開が可能です。
====

今まで、講習会のお問い合わせが多くありましたが、単発で知識やテクニックを教える事が出来るのですが、そこでは、体験という立体的な知識を得ることはできません。大事な部分を教える事が出来ない事に疑問を持ち講習会をやめ、私が活用しているテクニックは公開しました。

私がこのプログラムを考えた経緯は、キューバという不便な国でも出来る感情解放のサポート方法がないかと、すごく考えていました。キューバでの経済的な問題もあるし、「アロマで感情解放」という言葉で看板を掲げている責任もありました。

そんな時、今私がスペイン語の勉強をしているのですが、継続して受けなくてはいけないマンツーマンのレッスンを取っていると、宿題も、予習もやらなくてはいけなくなるし、時々さぼりながらも、頑張ってやっている自分と、確実にスペイン語が伸びていっている自分がいました。ある程度の期間、決まった先生とマンツーマンで向かい合う事で、モチベーションを保つことができ、その人だけの学習や体験をしていける環境が大切なのかもと改めて気づきました。それにね、授業料の元も取りたいのでちゃんと勉強している。

その時は解っても、その後の事に対応しにくい単発のセッション。一気にいろんなことに気付いて理解してもらいたいんだけど、感情はそんなに簡単ではない。一進一退する複雑な感情に関する学びに取り組む方法として、ある程度の期間を設けたプログラムは、とてもいい事に気付きました。

キューバでは一日に一度、ホテルのロビーに通い、メールのチェックをしてアロマシールドへの発注作業をすることになるので、今までのように常時接続で対応する事が出来なくなります。週に一度のレポートでは、相手との距離を持ち、相手を信頼して、私を信頼してもらってプログラムを進めなくてはいけない。依存させにくい環境になります。そういう環境になる事は、ちょっとお人よしで、おせっかいが出てしまう私にとってもクライアントさんにとってもとてもよい方法だと思いました。

今、モニターを数人していますが、レポート以外ではよほどの事がない限り、質問を受けないようにしています。その人が、自分で気づき、自分で感じ、自分で考え、自分の感情や過去と向き合って行く事を確実に体験し学んでくださっていると感じています。

自分が感じ、向き合い、体験した事は、立体的な知識になります。

私は認定を出さない人ですが、私が納得したら、認定出します。が、私が納得する頃には、認定などが欲しいと思わない人になってしまっていると思います。

☆アロマシールド製品はこちらから☆


月1回の気まぐれなメルマガ
☆登録してね☆





アーカイブ

サイト内を検索