アロマシールド設立の経緯

アロマシールド設立の経緯

CRYSTALLIZE
アロマシールド ヤングリヴィング


ソルトレイクでアロマシールドの社長と色々な話をしてきた事の報告シリーズです。

アロマシールドの社長との面談
アロマシールド設立の経緯
オーガニック認定へのこだわり
オイルの使い方に関して【飲用と直接塗布】
ブレンドオイルについて
アロマシールドのビジネスに関して
も、併せてお読みください☆




今回のソルトレイク訪問で、色々な事を聞いてきました。
まずは、社長のブライアン・マンワーリング氏がアロマシールドを設立した経緯を細かく聞いてきました。

マンワーリング氏と奥さま

マンワーリング氏と奥さま


ゲリー氏及びヤングリヴィングの精油の使い方はメディカルな使い方をします。しかし、メディカルな使い方はドクターの資格がないゲリー氏には大きな違法行為になります。(ドクターという肩書があるように書かれているものもありますが、ないです)
また、ヤングリヴィング社としてはメディカルに関わる事をいう事は出来ません。それが、以前私が書いたFDAからの警告などを受ける事につながります。

エッセンシャルオイル総合医学ガイド

エッセンシャルオイル総合医学ガイド

その為、医学的な事はヤングリヴィング社が、書き事や、言う事には法律的に大きなリスクがあります。それで、ゲリー氏はマンワーリング氏に、出版会社の設立を持ちかけました。そこで作られた本が、ヤングの日本会員の多くの人が使っている「エッセンシャルオイル総合医学ガイド」です。

彼は、11年間この出版会社で働きましたが、ある日解雇されるんです(スティーブジョブスみたいw)。アメリカのビジネスではよくある話なのかもしれません。
数年前に、医学ガイドの出版社の名前が変わったりいろいろした時期があり、不思議に思っていましたが、こういう事がバックグランドにあったようです。

上手くいっていたときは、出版社にとってもヤングリヴィング社にとってもどちらにもよい利益をもたらしていたそうですが、ゲリー氏の奥さまのお母様を、出版会社の社長にすると言い出したそうです。この事の意味は私が説明しなくても理解できると思います。

11年間の間、マンワーリング氏はエッセンシャルオイルの研究をすごく行いました。出版物を出し法律的な事を熟知するには、かなり多くの知識や経験が必要でした。ヤングリヴィング社のオイルに関しては製品、クオリティ、内情には熟知しています。また、ヤングリヴィング以外のエッセンシャルオイルの実情などにも精通しています。

11年働いた会社を離れ、その後、1年間はエッセンシャルオイルに関わる仕事は出来ないというヤングリヴィングとの契約があり、その時期を明けてアロマシールドを設立しました。

なぜ、アロマシールドは「オーガニック認定」にこだわるのか。

この事はユタ州ソルトレイクシティのネットワークビジネス形態を取るエッセンシャルオイル業界の事情などにもまれ、疑問を持ったマンワーリング氏だからかもしれません。

その事に関しては、また改めて書きます。

☆アロマシールド製品はこちらから☆


月1回の気まぐれなメルマガ
☆登録してね☆





アーカイブ

サイト内を検索