キューバ便り⑳ソウルフード

キューバ便り⑳ソウルフード

CRYSTALLIZE
エッセイ キューバ



キューバのある家庭を何度も訪ねた。
その家庭は貧しくて、便座は勿論ないし、親子3代、3人が暮らすその家には、シングルベッドがひとつ。
壊れかけのテーブル。
壊れたラジカセ。
小さな旧式のテレビ。
冷蔵庫は扉が壊れていて、扉に留め具がついてる。

その家に、2度目に行った時、私に何かできる事が無いか、たずねた。

「私達はこれで暮らせてるし、大丈夫。
困る事と言えば、時々水を吸い上げるポンプが壊れてしまったり。
このラジカセも、いつも私が修理しているから大丈夫。
私達は助け合って生きてるから大丈夫よ。
それがキューバなの。」

その家の19歳の娘が答えた。

その日、彼女は「ショウコ、ご飯を食べて行く?」と私に聞いた。

「あ。。。うん。ありがとう。。。いいの?」

お父さんが、「ショーコ、ご飯を食べていけ」と。

72歳のお父さんがとても嬉しそうにご飯を作り始めた。

テーブルに2人分の食事が並んだ。
チキンだった。

IMG_6800
お父さんは、食べなかった。
キューバでチキンは決して安いモノではない。

お父さんが笑顔で
「ショーコ、キューバ料理は好きか?」と、私に聞いた。

キューバには調味料もそれ程なく、食材もあまりない。
私たち日本人の食のバラエティや味を考えると、キューバの料理は決して美味しいとは言えない。

私は
「うん。大好き」と答えた。
そして、泣いた。

私はパパの、「心」を頂いた。

パパの、優しさと、真心と、誇りを食べた。

私はその時から、キューバ料理が本当に好きになった。

それから、何度もパパに会った。

=====

今回の旅で、一番、深く心に入り、消化に苦しんだのは、このパパとの出会いでした。

パパの事をもっと書きたいんだけど、まだ消化できてないし、まだ書けないんだ。

この私の友人のパパは、貧しいけど、私の心に沢山のものをくれた。
お金では買えなくて、お金があっても買えないものを。

私はキューバ料理が大好きです。

キューバの人が貧しい中で、私に食べさせてくれたキューバ料理は私の魂に深く届きました。

今週末は、父の日だね。



☆アロマシールド製品はこちらから☆


月1回の気まぐれなメルマガ
☆登録してね☆





アーカイブ

サイト内を検索