「美」から「感情解放」へ ≪ ACUA・上ノ須多賀子さん≫

「美」から「感情解放」へ ≪ ACUA・上ノ須多賀子さん≫

CRYSTALLIZE
対談・インタビュー 愛用者の精油レポート


現在クリスタライズではオイルトリートメントのセッションを殆ど行っておらず、オイルトリートメントのお問い合わせを頂くと多くの場合千葉県市川市、長野県軽井沢町のACUA(アクア)さんをご紹介しています

「ACUAの多賀子さん、ってどんな方?」ですよね。

それで、対談をしてみる事にしました。


「美」から「感情解放」へ


上ノ須多賀子(ACUA)

上ノ須多賀子(ACUA)



白石昌子(せいな:クリスタライズ):まず、たかこさんがセラピストになろうと思ったきっかけや経緯を教えてくださいますか。

上ノ須多賀子(ACUA/アクア):わたしは、もともと美に興味があり29歳でエステティック業界に進みました。当時から美と健康一緒に扱えたらいいなと思っていたんです。 まず、エステのフェイシャルの技術を磨いたんです。

そこの修行時代、どうやっても色が白くならないとか、行き止まる人がいらして、身体のケアが必要だな~と薄々感じていました。

自分で開業して、やはり、そこに突き当たり、アロマの力を借りて施術しようと思ったんです。エステ時代も身体のオイルトリートメントはしていましたが、なんか自分の思うような結果が出ないと感じていましたので。

そこでアロマ初心者だったので、ヤングリヴィングのレインドロップを始めました。

白石:私もヤングリヴィングを使っていたのでクリスタライズのお客様のて多くがヤングリヴィングを使っていた方々です。でも、美から、どうして感情解放へ興味をもたれたのですか。

どんなに表面をきれいにしても

 自分の内側の問題があれば

  ある程度のところで止まってしまう


上ノ須:エステのオイルトリートメントよりも結果が出たんですね。 みなさん身体が楽になっていかれる。 結局自分が薄々感じていたことが、オイルを使って出来るということがわかったんです。 どんなに表面をきれいにしても、自分の内側の問題があれば、ある程度のところで止まってしまうんです。 心の問題にフォーカスしない限り、本当の美しい状態にはなりません。 細胞レベルで変わるには、そこへのアプローチが不可欠なんですよね。

しばらくヤングリヴィングのオイルで施術していましたが、自分の中の疑問があって、他のオイルを探していたときにアロマシールドに出会いました。 自分が出したい結果を出すにはよりアロマシールドのほうがわたしには合っていました。

せいなさんは、「感情解放」「感情解放」と言っていますが、どうして感情解放に興味をもたれたのですか?

白石:「どんなに表面をきれいにしても、自分の内側の問題があれば、ある程度のところで止まってしまうんです。」

そ、そうなんですね!!!

私は、「どうして多くの人がスピリチュアルに、何十万、何百万円と費やしたにもかかわらず、生きる事が楽にならないんだろう。ヒーラーさんたちが言っている言葉ややっている事ってなんか変だな、変なヒーラーさん多いな、これはいったい何だろう。」って真剣に考え、問題は「感情」にあって、その感情は、今世に多くの要因があるんじゃないかと思い、片足スピに差し込んだままもう片足をずっぽり感情の解放に差し込みました。

そんな時にヤングリヴィングに出会いました。 そこで、エッセンシャルオイルが感情に作用すると感じ、真剣に追求しました。

でも、スピリチュアル系と言われる人たちが多いヤングの会員さんの中や会社のシステムに色んな疑問を持ち、辞めました。これは話すと長いので、ここでは無しでw。

「100本ノック」
バックファクターズを100人にモニター施術


私が今回、たかこさんに一番お聞きしたいのは、「100本ノック」と称した、バックファクターズをモニターで100人施術をした時の事なんです。

これは、私も驚きました。 すごく安い価格で、100人のモニターを行った。

私がいつも言っている、「技術は簡単だけど、数をこなさないと見えない事、学べない事、解らない事がある。」これをやってのけてくださったのは、今までたかこさんだけなんです。

それは、ヤングの会員でニューロオリキュラーやレインドロップを教えていた時も、多くの方はお金を払い技術を得ても深く追求してくださった人は殆ど居ませんでした。

上ノ須:わたしもエステをしながら、エネルギーワークもしていました。 でも、やはり身体へのアプローチなしだと、変化の仕方が、地に足が着かないままというか…

エネルギーワークだけでもだめだし、エステだけでもだめ、両方をするのにアロマでの施術はわたしが望んでいた形でした。

で、100本ノックしてみようと。アロマを使っていろんな人の身体にさわってみること、それも、既存のお客様でない、初めての人の身体でいろいろ知ってみようと思ったんですね。

実際、エステティシャンとしてはいろんな人に触ってきましたが、アロマを使ってだと全然違ったんで、検証してみたかったんです。アロマシールドだったら、ヤングリヴィングと違って穏やかに反応出て安心でしたし。

レイドロップのおかげでアロマヒーリングってスピリチュアル業界では有名だけれど、一般の人にはどんな作用がでるかしら?というのも知りたくて。 で、普通のアロマトリートメントだと思っている方に施術しまくりました。(ちょっとひどいですかね^^;?)

やはり、通常のアロマだと思って来ている方の中にはびっくりされる方もいました。 「 なんですか?これは? 」と。 鈍い方にはわからないようでしたが、やはり身体の軽くなり方が違うって言う方が多かったですね。 わたしはクライアントさんの身体を触るとその方の身体の状態や心の状態やその時に必要な情報がわかることがあるので、それを伝えてしまうと逆にイヤな方もいるのもわかりました。 表面だけをケアしてほしい人に奥を触ると怒られるのは当然だなって勉強になりましたが。

わたしが アロマシールドを探し、せいなさんを信頼してオイルを注文したのって、ブログやHPを読んだりしたんです。 そこで細胞に感情が記憶されていて、その解放にはオイルが有効だっていうのを書かれていたからなんですが、せいなさんはどのような経験からそれを感じたんですか?

「体を触ると心や過去が読める」???


白石:私は、はじめはオイルを自分の身体に塗った時に、色んな忘れていた感情や記憶が出てきたんです。その時に気になる所に手を当てると、場所によって出てくる記憶や感情が違うように感じました。それとオイルトリートメントでお客様の体に触れると、怒りや悲しみ、その人が考えている事などが感じられた様な気がしてお客様に聞くと結構な確率で当たっていたんです。感情や記憶も人それぞれで、身体の違う個所にため込むんだなという事もなんでか解るようになりました。ストレスで10円禿げを作る人、お腹を壊す人、胃を悪くする人、肩をガチンガチンに凝らせる人。ひとそれぞれ「我慢」や「ストレス」を溜めこむ場所が違い、そこを触るといくつかの情報を読み取れるようになりました。

「身体を触るとその方の身体の状態や心の状態がわかるので、それを伝えてしまうと逆にイヤな方もいるのもわかりました。」

これ、解ります。私は元々アロマセラピストでもエステシャンでもなく、「体を触ると心や過去が読める」という不思議系だったので、普通のお客様はお断りというか、私のサイトを見て普通(ボディケア)のお客様は来なかったです。

私の場合は、お客様への施術もかなり行いましたが、結局は自分が実験台だったと思います。香りが癒し解放すると言うより、細胞の中や脳へのアプローチが実感に繋がりました。脳へのアプローチはヤングリヴィングの時はニューロオリキュラーで、今は感情解放テクニックになります。
エッセンシャルオイルで感情が解放されるのはどういう時に感じましたか

アロマシールドを使っての感情解放


上ノ須:うちのクライアントさんは普通の方なのに、ちょっと敏感な方が多いので、ヤングリヴィングを使ってニューロオリキュラーをやりはじめた頃ご感想をいただきました。 すごい深いところにアプローチしていくのだなと思いましたが、深すぎて危険だとも同時に感じました。 深いところの澱をあげてくるのは良いのですが、その後の処理にクライアントさんがついていけないでその出来事に翻弄されて終わる。 オイルの種類によって作用は変わるのはわかったのですが、わたしのやりたい形にするには、アロマシールドの感情解放の方が穏やかに作用してくれました。 過去の感情の浮かび上がらせ方が優しいのです。それも、受けたクライアントさんの速度を尊重してくれながら、上がってきてくれる。

わたしは、施術のときにお話する時間も大切にしています。 一ヶ月なり期間をあけて次のご予約の間に、前回アプローチした箇所に関する問題があがってきます。 施術で扉を開くような感じです。 前の施術からの間で起こった出来事、心の動きについてお話しします。 それを繰り返すことによって、見えてくるものがあり、自然と感情が解放されて変わっていかれるというのが流れです。

白石:ヤングリヴィングのオイルで起こる感情解放と、アロマシールドで起こる感情解放は違うと私も感じています。

ヤングのオイルで起こる感情解放は、重たかったり、ショックが激しかったりで、「その後の処理にクライアントさんがついていけないでその出来事に翻弄されて終わる。」セッションの後のフォローも大変だし、私も気が気じゃなかったです。

私は、今はオイルトリートメントのセッションは殆ど行っておらず、たかこさんに任せちゃって、「感情解放プログラム」という12週間かけてレポート提出で行うメニューを行っています。その中で、エッセンシャルオイルを使って感情解放をサポートしていくのですが、やはりヤングのオイルとアロマシールドとでは作用の仕方が違うと感じています。

まずは、絡んだ感情とその仕組みを分析してお客様と一緒に要因を探し、その仕組みを理解して頂き、頭で理解してもついていかない感情をオイルを使って解放していきます。

ヤングのオイルでは追いつめる様なきつい感情が上がってくる事も多いです。ヤングを使って頂く時は覚悟してもらってプログラムを進めていきます。アロマシールドの場合は、「あれ、いつの間にか、あれ?変わった?あれ?抜けた?」という感じで、感情の抜け方が穏やかで、ヤングの時のきつさを経験してきてエッセンシャルオイルの感情解放を模索してきた私には初めは納得いきませんでした(笑)

この違いが何なのか。 初めの頃はよく解らなかったのですが、今ではヤングとアロマシールドでは感情の抜け方が違うという事を私なりに理解したうえでプログラムを進めています。

たかこさんが、セラピストとして感情解放を行う上で心がけている事があれば教えてください。

また対談しましょう☆

また対談しましょう☆

上ノ須:まず自分自身に関して言えば、クライアントさんのタイミングを尊重すること。 信頼関係は築くけど依存関係は作らないこと。

そしてクライアントさんに伝えているのは、 『わたしや施術やアロマは扉を開けるだけ。そのあと中を見て手にとってどうしていくかは自分ですることですから、見逃さないでくださいね』 と、自分で見てもらうようにうながす事です。 わたしたち施術者はその方の人生に対して何もできないですもんね。

白石:多賀子さん、今日はお忙しい所ありがとうございました。また機会があったら対談しましょう。今度はもっと深く突っ込んで語り合いたいですね☆



多賀子さんのサロン「ACUA」は、千葉県の市川市と、長野県の軽井沢にあります。

acua

☆アロマシールド製品はこちらから☆


月1回の気まぐれなメルマガ
☆登録してね☆





アーカイブ

サイト内を検索