パリでの同時多発テロ。この数日間私が考えてた事

パリでの同時多発テロ。この数日間私が考えてた事

CRYSTALLIZE
エッセイ



11月13日、パリで起きた同時多発テロ。フェイスブックのフランスに住む友人の安否報告で知りました。

その後、フェイスブックのタイムラインにプロフィール写真を「トリコロールにしませんか」みたいな案内が出てきました。世界のどこかのテロや空爆の記事や投稿はほぼ毎日見るので、別にフランスにテロがあったからとトリコロールにするのは変だなと思って、そのままスルーしました。幾人かのフェイスブック利用者のプロフ写真がトリコロールに変わりました。

どんな人がそうしたんだろう、と、自分の友達リストや、友達の友達リストを眺めていました。
居住地、職業やキャリア、学歴、その人の友達リスト。そういったものを見ながら、これはあまり深く考えてない人も多いかもな、と感じました。彼らは純粋に哀悼の意を込めたのかもしれませんが、まだらにトリコロールに染められたリストを見ると、なんだか無意識に、「この人達は欧米諸国側の人達なのね」と、彼らの立ち位置がはっきり分れて見える様な感じがしました。

france
日本は、米国が呼びかけた有志連合に参加していますので、黙っていても米国やフランス側なので、「日本」の立ち位置はそちら側です。でも個人としての「日本人」の立ち位置は自分で決められるのだと思います。SNSなどで世界の人達は、ISの人も、私達の行動や発言を見る事が出来る、言いかえれば、色々な国や立場の人の行動や発言を見る事が出来る、そんな時代です。

その後、東京タワーとスカイツリーがトリコロールに点灯されたという記事を見ました。

以下の記事を見て、フェイスブックに投稿しました。
東京タワーとスカイツリー、トリコロールに染まる パリ同時多発テロを哀悼

paris 昨日パリに住む友人たちの安否がFBで知らされて、事件を知ったの。どうしてパリがテロの標的になったのか、それって色んな事が絡んでいて、インターネットのお陰で多くの立場からの情報が得られるとはいえ、簡単に原因を見つけにくいし、多分複雑で、この数年の出来事だけじゃなく、かなり長い年月かかってると思うから、安易に意見や考えは言えないな、と思った。

その後、多くの人のプロフの写真がトリコロールになって、これって、哀悼の意を込めているかもしれないけど、その半面、そうは意図しなくても立ち位置を明確にしてしまう気がしたの。

イラクが空爆されても、シリアが空爆されても、哀悼というのなら、フランス以外の国にも哀悼の意を示すんじゃないかと。ウクライナ、リビア、アフガニスタン、何かが或るたび、哀悼してもいいんじゃないかと。

米国がエンパイヤービルをトリコロールに点灯しても、不思議じゃないけど、日本もスカイツリーや東京タワーのようなシンボルをトリコロールにする事は、日本の立ち位置を表明しているようにも感じるの。

植民地の時代から、変わっていない、システムが世界には残っていて、戦争のやり方は変わってきた部分はあるけど、経済戦争はあって、私たちの周りには物資は溢れているけど爆弾は落ちない。私たちの周りに溢れる物資や利便性の反対で何が起こっているのか。そういう事の仕組みを知ると、何が正義とか、誰が悪とか、何も言えなくなる。そういうシステムほんとに解りにくい。情報も戦争でもあるから仕方ない。何かを知る度、自分の浅はかな無知さにあきれる。



他にも私の様に感じた人達がブログなどをアップしていてシェアしている人達がいる事を知りました。

そういう記事を見て何か感じたのか、やっぱりなんか違うかな、と思ったのか、徐々にプロフィールを戻す人が出てきました。

その翌日には、フェイスブックのプロフィールをトリコロールにする事が議論を招いていると言う記事が上がってきました。
フランス人の死は、レバノン人よりも重要なのか? 同時多発テロが招いた議論

paris2
こんな事になってる。

そもそも、Facebookって米国の企業なんだから、米国側に偏った事をやってもいいと思うのね。利用者が「考えて」選択すればいい。

Youtubeなんてフランス国歌がトップにドーンと出てた。Youtubeだってアマゾンだって、そっち側だからな、と思ってみてたわ。解っててそっち側のシステム使って、個人情報だって差し上げてるんだから。そこを理解したうえで、活用すべきなんじゃないかなと。


その後、いろんな角度からの、立場からの、投稿やブログが上がっていました。
私が危惧した、「立ち位置」に関しての記事もいくつかあった。

その後、多くの人が、トリコロールにしたプロフィールを元の物に戻していました。

それぞれの思いがあって、考えがあって、好きに選択していいと思う。
でも、インターネットは、国や文化、習慣、言葉が違う人達とつながってる。
ヘブライ語も、アラビア語も、ハングルも、何書いているのか全く分からない。世界に繋がっているけど画像というのは文章と違いその思いをきちんとは伝えてはくれない。トリコロールのプロフィールは私にはオセロの駒のように見えた。

「報復だ」「テロには屈しない!」と言われても、私はそうは思わないし、私は、自粛したいし、考えたいし、どうしてそういう事が起こってしまうのかの方が知りたい。
宗教も違うし、イデオロギーや常識も、立場も違うからかもしれない。

私はクリスタライズにご縁のあるお客様にいつも心から願う事がある。

「自分で感じて、自分で考えて、自分で選択して欲しい」と。
「色んな体験をして、色んな事を知って欲しい」と。

知識と経験が考える時のリソースになるのだと思う。
言いかえれば、知識と経験が少ないと、考える時のリソースが少ない。のかもしれない。

今までの自分が信じていた常識や、知識が覆される時、結構ショックはある。私もよく崩壊する。その度にショックを受けて呆然としたり、一旦崩壊したり。でも、壊れる事に抵抗して既存の自分を守るより、壊れてしまったら、数ヵ月後、自分の中で何かが根底から変わっていたり、視野や考えがなんだか拡がっていたりする。

そしてまた、ちょっとだけ新しい自分で「感じて、考えて、選択して欲しい」

とにかく、「自分で感じて、自分で考えて、自分で選択して欲しい」と。

どうして私がこういう事をとても大事にしているかというと、小学生の頃にいじめに合い、学校の床の上で何人もの人に蹴られた理由は、彼らが周りの空気に流され、自分で考える事を知らなかったからだと思うの。

もし彼らの一人ひとりが、自分で感じて、自分で考えて、自分で選択していたら、私は身体と心に沢山のあざを受けなかったような気がするの。

ヤングリヴィングの世界でも、「ヤングリヴィング以外は粗悪だ」「ヤングのオイルが一番」「ゲリーヤングは素晴らしい」という人達が沢山いました。誰かが言ったからか、何の根拠があって言っているのか。ヤングの会員さんはとても良心的な人たちも多かったです。素晴らしい感じのいい事を表では言いながら、ルールを破り、平気で人を踏みにじる人もいた。そういう人の中には悪意があるのか無いのか、自分でやっている事がどんな事か気付いていない人たちもいました。

あまり自分で考えない人たちは、私にはのっぺらぼうかゾンビのように見えます。

そういう人達を見ると嫌になるし、怖くなる。
でも、そういう人たちの多くが、普通にいい人で、良心的だったりする。

なんでだろう、なんでだろう、と考えると、もしかしたら、深く考えないだけなのではないかと思う。

フェイスブックのトリコロールのプロフィール。
沢山の物議を醸し出した。

多分、6~7割くらいの人は、あまり深く考えず、哀悼の意を込めたのだと思う。
その気持ちに感謝をした人、慰められた人、勇気を持てた人、嫌な思いをした人、敵意を持った人、色んな人がいると思う。

私の場合は、今の日本の立ち位置や、世界の動きを私なりに見ながら、これちょっと危ないなと、思った。

これからの時代は、多くの価値観や、立場の人達が出会い、すれ違う、そんな時代なんだと思う。
だから、違う人たちの事も、世界も、もっと色んな事を知らなくちゃいけないし、自分はどう感じ、どう考えるのか、しっかり自分という軸で考えないと沢山の勘違いが起こり、面倒な事が増えてくるとも思う。

そう簡単に言っても、今までの私の太平洋戦争に関する活動や音楽の活動や旅で出会った多くの人に、私こそ根底のイデオロギーや常識の違いや言葉の問題もあり説明する事ができなかったり、沢山の勘違いを生んでしまったと思う。勘違いだけじゃなくて、理解し合う、理解させる事は出来なかったと思う。

パリでの同時多発テロ。哀悼の意を
表してもいいと思う。
拒否してもいいと思う。
みんなそれぞれ、立場や考えが違う事が当たり前なんだと思う。

よく解らないなら、考えればいいと思う。
いっぱい考えて欲しいと思う。

人が言う事は鵜呑みにするな。自分で調べろ。自分で考えろ。私が言う事も鵜呑みにするな。
何時もそんな事ばかり書いている私。

人が、人々が何と言おうが、どうしようが、自分で感じて、自分で考えて、自分で選択できる人になって欲しいと、心から願います。

ひとりひとりが、そうできるようになれば、大人の世界でも、子供の世界でも、いじめは減るような気がします。
私達の周りでそういう戦争が無くならない限り、私は自分が平和を祈る事に疑問を持ち続ける気がします。

☆アロマシールド製品はこちらから☆


月1回の気まぐれなメルマガ
☆登録してね☆





アーカイブ

サイト内を検索