ディフューザーはどういうのがいい?

ディフューザーはどういうのがいい?

CRYSTALLIZE
Q&A アロマシールド アロマライフ エッセイ


ヤングリヴィングのオイルは熱を加えると毒性の物質が発生する場合があるので使わないで下さいと言われたことがあり、アロマシールドのオイルは、水+オイルをティーライトキャンドルや電気で温めるタイプのアロマポットで使用することはできますか?

という質問を、頂きました。diffuser

私がヤングのディストリビューターをしていた頃、毒性の物質が発生するという事は聞いた事はありません。エッセンシャルオイルの成分をより多く残す為に低温でオイルを抽出している(高温だと無くなる成分がある)ので高い熱を加える、ポットやキャンドルはせっかくの成分を無くしてしまう。また成分が変わるからエッセンシャルオイルの恩恵を多く受けられる熱を加えない霧状で噴霧するディフューザーが良いと聞きました。

あと、熱を加えないで蒸気で上げるもの、加湿器の様なタイプのものもOKだと思います。ただ、日本は、湿気が多いので、季節を選んでしまうと思います。

キャンドルの場合は、キャンドルに何か毒性の成分があれば発生するのかもしれません。

=====

ヤングのディストリビューターさんに言われたそうなのですが、ディストリビューターさんの言う事の多くは、他のディストリビューターさんからの聞き伝えな事もよくあります。ほんとに、ほんとに、よくあります。

ほんとに、よくあります。

ちなにみ、私が言う事も簡単に鵜呑みにしないでくださいね☆←イツモノ如し。


おまけ

エッセンシャルオイル総合医学ガイドからの抜粋:

気中に拡散したオイルは、臭いの元になる分子の構造を変えます。さらに酸素を増やし、マイナスイオンを発生させ、自然なオゾンを放出。

非加熱式のディフューザーは、エッセンシャルオイルをミクロ単位の霧状にして空気中に拡散させる装置で、えっシャンシャルオイルは空気中に何時間も漂う事になります。

アロマランプやキャンドルと違って、ディフューザーは熱や燃焼をもとなわずにエッセンシャルオイルを拡散させるので、熱によって治療効果が減少したり、有害化合物が生成されない。

ディフューザーは部屋の高い位置におきます。



☆アロマシールド製品はこちらから☆


月1回の気まぐれなメルマガ
☆登録してね☆





アーカイブ

サイト内を検索