妊娠中の精油に関して


妊娠中の精油に関してアロマシールド社に問い合わせたところ、以下の回答を頂きましたので翻訳しました。

いくつかの精油は、妊娠中の母親と胎児の両方に重大な内部害を引き起こす可能性を持っている毒性化合物を含有することが知られている。これらのオイルは、アロマテラピーには使用されません。アロマシールドはそれらのいずれかをも使用しておりません。これらは、誰にも使用すべきではありません。特に妊娠中の母親は使用すべきではありません。
(このリストにあるオイルはアロマシールドで使用していないので訳していません)

Calamus
Buchu
Boldo
Wormwood
Davana
Mugwort
Mustard
Wild Basil
Calamint
Himalayan cedarwood
Wormseed
Brown Camphor
Horseradish
Turmeric
Bitter Fennel
Bulgarian Geranium
Star Anise
Cade
Savin
Lantana
Spanish Lavender
Bog Myrtle
Dog Basil
Brazilian Sassafras
Pennyroyal
Rue
Santolina
Sassafras
Wild Tansy
Thuja

~~~~~~~~~~~~~~~~~

妊娠中に最も懸念されるエッセンシャルオイルは、通経薬特性を有するものである。通経薬は、月経を促進する物質です。懸念すべき点は、これらの油はまた、流産すべきいくつかの可能性があるということである。特に妊娠初期の期間に、自然流産を引き起こす可能性がある事を意味します。問題は、この危険性の存在を確認確認した本格的な研究はありません。最も安全な方法は、妊娠初期の期間に通経薬特性を持つオイルを避け、その後使用されている場合、細心の注意を払って使用する必要があります。

妊娠中は避けるべきである強力に月経を促進するオイルのリストは次のとおりです。

Yarrow ヤロウ
Cinnamon Bark/Leaf シナモンバーク/リーフ
Sweet Fennel スイートフェンネル
Niaouli ニアウリ
Nutmeg ナツメグ
Parsley パセリ
Aniseed アニシード
Sage セージ


~~~~~~~~~~~~~~~~~

次のエッセンシャルオイルのグループは、一部の専門家が月経を促進することを信じているものが含まれています。しかし他の専門家は反対しています。ある人は安全と言い、ある人は安全でないと言います。これらは注意して、妊娠初期の後にのみ使用する必要があります:

Myrrh ミルラ
Juniper Berry ジュニパーベリー
Lovage ラビッジ
German chamomile ジャーマンカモミール
Cajeput カユプテ
Peppermint ペパーミント
Sweet Basil スイートバジル
Marjoram マジョラム
Rosemary ローズマリー
Clary Sage クラリセージ
Vetiver ベチバ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

妊娠中の母親とその胎児への毒性の軽度の可能性を持って、より一般的ないくつかの精油があります。これらは、しばしば、アロマセラピー用途で使用されていますが妊婦に対して控えめに使用または避けるべきです。

Dill ディル
Tarragon タラゴン
Caraway キャラウェイ
Atlas Cedarwood シダーウッド
Blue Mallee ブルーマリー
Hyssop ヒソップ
Spearmint スペアミント
Rosemary Verbenone ローズマリーベルベノン
Taget タジェット
Clove Bud クローブ
Palmarosa パルマローザ
Sweet Thyme スイートタイム

これらのリストは”Aromatherapy for Health Professionals, 3rd edition” (シャーリー・プライス、レン・プライス)から引用しています。

“Aromatherapy for Health Professionals, 3rd edition”は日本語で出版されています。【プロフェッショナルのためのアロマセラピー】


この中には約13ページほど妊娠中のアロマセラピーの事が書かれています。
便秘・ぢ・頭痛・不眠症・情緒変動、抑鬱・疲労・つわり・恥骨結合離開・分娩時前後のアロマセラピー・産後の精油使用等などです。

Powered by Welcart