最近、ちょっと、色々あって、友達や一部のお客様に個人的に支えてもらってる。「一部のお客様」というのは、感情解放を受けてくださった方々。ヨガ凪の理砂ちゃんもその一人。

彼女たちと話していると、等身大のその人がいるな、と、感じる。
自分で感じて、自分で考えて、自分で選ぶ。

そんな彼女たちも、多くの場合、感情解放を受ける前は等身大の自分を受け入れていないというか、周りの価値観に影響されて翻弄され、不安になっていたり、自分以外の何かになろうとしていたり。

もちろん、彼女たちも色々な事があるけど、等身大の自分で一歩一歩歩こうとしている。何か自分以外のものになろうとせずに、周りの空気や価値観に時々影響されながらも、ちょっと葛藤しながらも、「等身大の自分」がその人の中に居て、自分の選択をしていく。

その人が、静かに、その人の中に居ると言う感じ。
祈っても、愛を送っても、解決できない現実の目の前の問題とも静かに向かい合う。

今朝、久しぶりに以前感情解放を受けてくださった方からメールを頂いた。
静かにその人が、その人の中に居て、自分の人生に責任を持って、自分で選択して、一歩一歩歩んで行っていた。

多くの人が、自分軸で考える事が出来なかったりする。自分の軸を感じながら、すこしずつ太くしていく。それは時間のかかる作業。

私も全く未熟で、彼女たちに何を教えられる訳じゃない。偉そうにもなりたくない。というか、ガキ大将的偉そ感みたいなのすごいあるよね(笑)。

感情解放で一番大事にしている事は、自分軸を作る事だとも思う。
精神的に独立した大人になるための準備。
ガキ大将に言われても説得力ないよね(笑)

自分軸が出来てくると、その人がその人の中に静かに居る。
そして、私は彼女たちの強さに支えられる。

とりあえず、頑張って、目の前の問題を収束させなくちゃだわ。