カンクン滞在も残り数日。

アロマシールドの作業に明け暮れた5か月半。殆どを引きこもりでした。
(写真はスーパーマーケットに売っていたチビサボテン)

この数か月で色んな事を改めて調べてる。

例えば、このブレンドはどうしてこれが入ってるんだろう?とか。

昨日はリジュベネート8の動画を上げたけど、

ヘアコンディショナーにリジュベネート8入れちゃう

ラベンダー・シダーウッド・キャロットシード・パチュリ・パルマローザ・ミルラ・ローズ・ホホバオイル

お肌によさげなオイルが並んでるけど、シダーウッドは何でなんだろうと。私はシダーウッドの香りがあまり好きじゃないから、シダーウッド抜けないかな(笑)とか。でも、シダーウッドはお肌にイイというのプラス、髪の毛にイイとあったし、匂いが鼻につくという事は、多めに入っているんだろうし。

何かを足すとしたら?何かを引くとしたら?

ローズマリーを入れたい衝動に駆られながらも、出来るだけフォーミュラを変えない方がいいんだろうとも思う。

他のブレンドオイル(リバランスやそのほかの研究中ブレンド)は、ホホバは匂いがあるから、キャリアはフラクショネイテッドココナッツを使おうと思っているのね。でも、リジュベネート8系のブレンドは、お肌や髪の毛によいからホホバオイルがいいだろうとか。

よくよくリジュベネート8を香りながら、配分を考えてみたりしている。試作は日本に帰ってから各シングルオイルを取り寄せてからだからもうちょっと先になる。今はエクセルに書きこんで計算して配分を考えてるの。

バックファクターズはもちろん、リバランスやニューロ、アンワインドといった人気オイルのブレンド内容を改めて分析してる。ミックスキャリアオイルも入っているオイルを改めて一つ一つ調べて、どうしてあのキャリアはさらっとしていて、使いやすくて酸化しにくいんだろうとか。

どうして、お客さまはそう感じるんだろう。そういう効果があったんだろうとか。ヤングやドテラのブレンドオイルとその効用の目的も照らし合わせながら、なるほどね・・・と。バックファクターズはレインドロップのオイルと手技と目的を考えながら配合や順番を考えてる。

とにかく、リジュベネート8は私は手放せないブレンド。バックファクターズも私自身がオイルトリートメントのセッションで必要だし、お客さまで必要な人もいると思うの。似たようなものを作れるように、必死で、私なりに勉強をしているわ。


大阪のセッション枠が少なくなってきたので、9月28日を追加しました。家で眠ってしまっているオイルがあれば、セッションの時に持ってきてください。使い方などをアドバイスします。

札幌:2018年9月1日、2日
大阪:2018年9月22日、28日、30日
▶詳細はこちらから