スイートオレンジの香りに涙ぐみました(お客様の声)

> 1.どんなオイルを使った?
ラベンダースイートオレンジペパーミントレモンローズ20、ローズ100

> 2.どんな使い方をした?
ラベンダー:やけど、吹き出物に直接塗布、アロマバス、ディフューズ
スイートオレンジ:アロマバス、ディフューズ
ペパーミント:肩こりにオイルと混ぜて塗布、エアミスト
レモン:ヨーグルトのトッピングに。ディフューズ
ローズ20、100:直接塗布、アロマバス

> 3.使ってみた感想は?
初めて嗅いだ時は、なんて真っすぐで雑味のない香りなのだろうと感動しました。私の持っているオイルって何だろうと^^;;

ヤングリヴィングのオイルも友達が入会していたり、アロマに始めてであったときはヤングリヴィングを使っているアロマセラピストさんに施術してもらったりと御縁はあるのですが、入会には至っていません。(何本か持っていますが)どうしようかな、と迷っているところに友達からクリスタライズさんの情報を聞きました。 それで、もう、入らなくていいかも、とか思っています。

アロマシールドのオイルはどれも浄化作用が強いのだと思いますが、私はローズが届く前に、スイートオレンジの香りに涙ぐみました。 普通はオレンジの香りって、元気で押しが強くて明るい感じですが、アロマシールドのオレンジは哀しみを知っている香りがします。それこそビタースイートな感じです。落ち着いた、大人向けのオレンジだなあと思いました。

次にラベンダーとペパーミントの香りもかいでみたら、切れ味が鋭くてびっくり。日本刀のような香りだなあと思いました。これはキツイとかいうのではなくて、香りが純粋な曇りのないという意味です。ラベンダーは絶対ボトルで買うぞ、と早々と決意しました^^仕事で出てきたストレス吹き出物も退治してくれました。

ペパーミントは、これもシャキッとする香りで、今持っているペパーミントの寝ぼけた香りにうんざりしていたので、早速空気清浄のためのエアミストに入れました。気持ち良く過ごしています^^

あと肩こりに困っているんですが、手持ちのローズマリーと植物オイルと混ぜてみたらかなりスースーして気持ち良かったです! 1~2滴ぐらいが適量で、間違って3滴入ってしまった時はスースーしすぎました@@;;

さて、ローズです。
私は精神科のソーシャルワーカー兼カウンセラーをしていて、人の心にかかわるので自分のことを振り返ることをしないと仕事にならない、という思いもあり、自分の暗い部分や家族との関係性については苦しい思いをして乗り越えてきたつもりです。それでも、やっぱりローズを使うことで出てきました。

それは5年前に亡くなった母とのことです。
母は私が10歳の時に離婚し、私と妹は父方に引き取られました。(あ、私も筑後地方ですが福岡にずっと住んでいました^^)それからほとんど会うことはなく、もう助からない病気だと判ってから母の親戚が私を探して連絡をくれました。自分の中では母が亡くなった時に母への感情がたくさん出てきて、かなり吐き出したつもりだったのです。

まず、ローズ100を初めてチャクラに沿って付けた時、体のオーラ部分が明らかに影響を受けて変わっていく感触を受けました。
それから毎日ローズ20を胸とお腹につけていました。
仕事も精神的に追い込まれる事例が継続していて、しんどい日々が続いていたのですが、ローズの香りをかぐと、安定するというか、それでも頑張ろうという気持ちになれていました。弱気な時に乗り越えられたのもローズのおかげかな、と思っています。

仕事が年末休みに入り、ストレス状況からは逃れられた筈なのに、ローズを使っていてもイライラすることが多くなりました。食欲も過食気味で、いつもは食べない夜中に食べたりして、ここ数日で太ってしまいました。

一昨日、子供と宮島にお参りに行った夜です。(厳島神社ではちょうど祝詞が奏上されていて、かなりエネルギーが強い状態でした)体は疲れているのに眠れず、なぜ私は人から迷惑をかけられることがこんなにも嫌で許せないのかを考えていました。他人に迷惑をかけて平気な人が許せないんです。過剰なほどにそれがあることにまず気付きました。
それは、両親がまともに子供を育てることができない人たちだったこと。そのせいで、子供だった私は自分ではどうしようもない状況に置かれ迷惑をこうむってきたこと。だから、そういう人は許せない。 どうして悪いことしてない私が迷惑を被らないといけないんだ!

そして、母親への感情がたくさん出てきたんです。

どうしてあなたはちゃんと育ててくれなかったのか。
私が生まれてこなければいいと思っていたんじゃないのか。
未熟児で死にかけていた私を死ねばいいと思っていたんじゃないのか。
など、たくさん。

泣きながら、さんざん布団の中で叫びながら、私は、言いたい事も言えてなかったんだよね、と思いました。
そして、それは東京から福岡に来て言葉もわからない中で精神的に弱っていった母親の状況からすれば、仕方なかったこと、筑後の何も無い田舎で父もまともに帰ってこない中、母がその範囲内で精いっぱい頑張った結果があれだったのだと、改めて心底思いました。今も書いていて涙が出てきます。

最後に会った時、病室で母親は夫と子供を見て、「幸せになったのね」と一言だけ言いました。あれは母親として彼女がやっとホッとした瞬間だったのだと、今振り返ればそう思います。そして、私が好きなものは、全て母親が好きだったことや思い出につながっているのです。
音楽の楽しさを教えてくれた。
母親のつけていたコロンの香り。
見えないものに対する感受性。
精神障害者にかかわる仕事をしていること。

私はやっぱり母の子供で、たった10年間しか一緒にいなかったけれど、今の私を形作るものを全てもらっていたんだと、今やっと言語化して理解できました。
ありがとう、と何度も言いながら泣きながらその夜は眠りにつきました。

では、本当に自分が好きなことは何なのか。
やっとそれをスタート地点に立って考えられる気がしています。
まだまだ色々と出てくると思いますが、第一弾が出たので、ご報告です。
またアロマシールドクラブの方に書き込みします^^

> 4.これからどんな風に活用したい?
手作り化粧品にもどんどん使いたいです^^ もっと香りで変わっていける気がするので、ローズを使い続けます。