バックファクターズ

アロマシールドのアロマテクニック
「バックファクターズ」

スパイシーなハーブが疲れた体をほぐし、さわやかなハーブが脳を刺激し神経を沈静、ストレスを軽減させ気分の向上をはかります

高品質なエッセンシャルオイルをおしみなく使う
贅沢なヘルス&ボディトリートメント

.

BackFactors TM (バックファクターズ)は根本的にシンプルなテクニックで、エッセンシャルオイルを使ったボディトリートメントからたくさんの恩恵を得られる手法です。慎重にブレンドされた3つのエッセンシャルオイルと、3 つの簡単なマッサージ技術を取り入れたバックファクターズ・テクニックは、背中の痛みを鎮め癒せる力強いテクニックです。

 

バックファクターズは家族・親しい友人の輪のなかで、プライバシーのある環境で使えることを主に意図して作られました。またセラピストがクライアントのトリートメントをする時にコストを削減できるオプションにもなります。

慎重に作りだされた3 つのエッセンシャルオイルのブレンドを使う方法で、疲れて硬く凝った背中の筋肉をほぐしてくれます。各ブレンドは異なる部位に使われ、異なる方法で使われます。エッセンシャルオイルを使っているため、ストレス緩和にも追加の利点があります。

手の込んだ時間のかかるマッサージではありませんが、誰もが使える方法です。簡単なトリートメントにエッセンシャルオイルを使うことにより素晴らしい効果を味わえる方法です。

バックファクターズ・エッセンシャルオイル・ブレンド#1 は脊柱の脊椎用、ブレンド#2 は脊柱の両脇の脊柱筋肉(脊柱起立筋)用に作りだされました。ブレンド#3 は首と肩の筋肉の弛緩と筋肉の状態を良い状態に保てるようデザインされています。背中の筋肉と神経をリラックスさせ、トリートメント全体の仕上げの効果もあります。

 

結論は良いエッセンシャルオイルを使ったマッサージは、3 つの完全に違う経路を介して大きな利点を生み出します。

エッセンシャルオイルは気分を向上させ、不安やストレスを低下させ、精神的なリラクゼーションを高めると評価されています。

 


 バックファクターズで使用するオイル

.
バックファクターズ #1
ブレンドに含まれるオイル:(スイートバジル・サイプレス・ローズウッド・オレガノ・タイムリナロール)
・この強力なブレンドは、抗菌・抗真菌および抗ウイルス特性が含まれています。それは病気が免疫システムの危機のために待っている潜在的な形で存在することができる総合的な健康と脊髄の免疫力を強化するために設計されています。また、このブレンドは、脊椎への血流を改善するため鎮痙と循環覚醒剤特性があります。

バックファクターズ #2
(ローズマリーベルベノン・ペパーミント・コパイバ・ウィンターグリーン)
・バックファクターズ #2ブレンドは、緊張や痛みを軽減し、脊椎の両側に位置する主要な脊柱起立筋や腱に循環を改善するために設計されなだめる様な抗炎症オイルが含まれています。

バックファクターズ #3
(スイートマジョラム・ラベンダー・クローブ・ユーカリグローバラス・オーガニックホホバオイル(70%))
・このブレンドは、首や肩を含め背中全体の筋肉や神経の機能を統合するために助け、バックファクターズの仕上げのオイルとして配合しています。

バックファクターズキット
バックファクターズ#1、#2、#3、キャリアオイル、日本語テキストが付属しています。初めての方はこちらをご選択ください。

バックファクターズはとてもシンプルです

#1のオイルは、シンプルに脊椎に落としフェザリングをしてください。
#2のオイルは、 脊椎の横の筋肉にオイルを落とし、フェザリングをし、親指を使います。
#3のオイルは、仕上げとなりますが、特に肩と首のこりなどをほぐします。
全てのプロセスは15分以内で終了する事が出来ますが、受け手の状況にもよります。

特別なクニックが無くても出来るようにバックファクターズを構成していますが セラピストの方は様々なのテクニックを加える事も可能です。

ステップ 1: 椎骨

ステップ 1: 椎骨

ステップ 2: 脊髄筋肉

ステップ 2: 脊髄筋肉

ステップ 3: 肩と首(筋神経統合)

ステップ 3: 肩と首(筋神経統合)

スライド(手のひら押し)

スライド(手のひら押し)

.
.
もっと詳しくバックファクターズをお知りになりたい方はバックファクターズ日本語テキストのみご購入する事も可能です。


※バックファクターズは医療の代わるものではありません。病気やけがの治療薬ではありません。これはライセンスをもつ開業医の適切なマッサージに代わるのもではありません。診断手順ではありません。これは慢性的な背中の痛みの治療薬ではありません。重症かつ継続的に背中の痛みがある場合、医師にすみやかにご相談ください。