個人輸入について

日本においてのアロマシールド製品の流通は個人輸入という形態で行っております。

アロマシールドのエッセンシャルオイルは肌に塗布する為、化粧品扱いとなり日本へ輸入し販売するには様々なハードルがあり費用も掛かります。例えばヤングリヴィングの製品がアメリカの価格に比べ30~45%程高いですが、ある意味仕方のない事でもあると感じています。個人輸入で流通させる事により中間コストがあまりかかりません。またアメリカのアロマシールドから直接製品が送られてくるため、管理状態もよくフレッシュなオイルをお届けする事が出来ます。

アロマシールドをでお届けする事にあたり、このようなメリットもございますが、個人輸入にはいくつかのデメリットもあります。

 

まず、日本国内でのお買物と違い、他国の郵便局から日本に送られてくるため日にちがかかります。また何も知らずに個人輸入をするとある時思いもしなかった関税を徴収される事もあります。受け取った商品に不備があった場合その国の言語もしくは英語でクレームを出すのですが、面倒だったり、親切で便利な日本とは違い納得のいく対応をしてもらえない事も少なくありません。

私の経験より:
・粉々になったガラスボトル → びっくりですが、状況や状態の説明が面倒だし配送中の破損なので泣き寝入り(アメリカ)
・ロールオンキャップの足りないロールオンボトル → 次回のオーダーの時に入れると言われ「それじゃ困る」とごねたがダメで1年後に入れてもらった。(アメリカ)
・音が飛ぶCD → 40曲ほどの中の2曲だし日本で買うよりかなり安かったしクレームして状態を説明するのが面倒だから、諦めた。(イギリス)
・思いもかけなかった関税 → 無知でした
・思いもかけなかった高額な関税 → 個人輸入とみなされなかった
・同じお店で同じものを買っても関税を徴収された時とされなかった時があります。

 

日本で購入せずに個人輸入をする理由の多くは、日本で手に入らないものや日本で買うより安い物です。

遅滞や紛失に関しては、6年の間に荷物がどこかの国に行ってきたのか、1~2か月後に届いたケースが約10件。ブラジルに行ってアロマシールドに返送されたのが1件。紛失は今の所まだありません。

個人輸入にはリスクが伴います。

クリスタライズではお客さまとアロマシールドとの間に入りお荷物に不備があった際には日本語でご連絡を頂き、商品の不備やアロマシールド側に落ち度があった場合はアロマシールド側に報告をし、その都度日本とアメリカの常識や感覚の間で対応を考え対処しています。

アロマシールドがお荷物を発送した後の破損や紛失に対して、アロマシールドは一切の責任を負いません。ここからはお客様の責任となります。しかし、日本人の感覚としてはこの感覚を受け入れることが難しく、アロマシールドからの発送後、配送中の破損や紛失に関してはクリスタライズ側で検討し、お客様の損害を軽減する方法を提案させていただきます。

個人輸入に伴う「リスクや損害をお客さまとクリスタライズで分担する」という風にお考え下さい。

関税に関しましては、関税が発生しないよう様々な対策を行っています。2012年12月以降、関税を支払ったお客さまはおられません。