キューバ人の暮らしの貧しさへの疑問とパラグアイ行き

キューバ人の暮らしの貧しさへの疑問とパラグアイ行き

CRYSTALLIZE
エッセイ キューバ パラグアイ



最近の私は、キューバに気が済んだよう。
その一つは、家族の形が影響しているのではないかと感じる、約束や時間が守れないという事。

もうひとつは、キューバ人の暮らしの貧しさへの疑問。

この国に住むまでは、キューバは経済的に貧しく、暮らしも貧しいため、何かできるサポートがあればとも思ったりもしました。でも、自分自身が暮らしてみて、現地の人の生活必需品の値段や暮らしぶりをみていると観点も変わってきました。

どうも、計画性なく、あればあるだけ、使ってしまう人たちが結構いる。
今のキューバは、公務員は月給20ドル。という人もいるけど、そうじゃない人たちも結構います。個人経営のお店などで働く人は、月に100~200CUC(USドルと同じ)の収入があるという人は多いようです。決して裕福とは言えませんが、私が暮らしてみて感じるのは、100CUCあれば結構ちゃんと暮らせるんじゃないかと。でも、じーっと観察していると、お金の使い方に計画性も無く、あればあるだけ使ってるんじゃないかと感じる事もしばしば。

私は、0.40人民ペソでバスに乗るのですが、多くのキューバ人が1ペソを払います。多分面倒で小銭を持ち合わせないんだと思います。乗り合いタクシーは近場で10人民ペソ、遠いと、20~25人民ペソ。どれもバスで行ける距離ですが、何人かのキューバ人をじーっと見ていると、手持ちのお金があると乗り合いタクシーに乗るんですよ。歩いて15分とか20分の距離でBICIと言われる自転車タクシーに乗ったり。

携帯電話はプリペイドで1分で0.35CUC、約40円。
毎月電話会社(といっても国営)が、20CUC入金すれば30CUCボーナスが付いてくるというプロモーションをするので多くの人はその時に入金をします。なので実際、手数料3CUCを考えても、ま、1分で20円弱。これを安いと思うか、高いと思うか。私はキューバ人の生活で考えると、高いと思うの。でも、結構使ってるんだよね。で、私にコレクトコールでかけてきたり。唖然とする。

持っていると奢ってくれようとするけど、正直おごってもらうのも私としてはちょっと迷惑。だって、お金がない時は、彼ら持ってないでしょ、気が悪い。断ったら、「遠慮するなよ」と笑顔で奢ろうとする。

私の周りにいたこういう人達の暮らしは、家とか、結構汚かったり貧しかったりする。でも、よーくよく見ていると、靴や服が増えていたり。よく外食していたり。


もちろんそうじゃない人たちもいる。そういう人たちの暮らしはそんなに貧しい感じではないの。

私はあったらあっただけ使うような人たちを見て、問題は単なる経済的な貧しさじゃなくて、彼らの性格か、気質か、計画性の無さか、社会システムへの甘えか、・・・。頭使ってないんじゃないかと・・・感じる。

何で、ケチケチ携帯使ってる私が、小銭持ってバスに乗っている私が、安い市場で買い物して自炊をしている私が、ちょっとでもよく成ってほしいと思って助ける・・・破れたザルだと気づいたの。そもそも、私が彼らの事をよく解ってない無知で、馬鹿かもと。

そんな時、テレビを見ていたら、コロンビアの貧しい村が特集されていた。やせ細ったお母さんが、子供を3人くらい。お父さんは何の仕事をしているのか。番組は仕事も無く、この貧しさは問題だっぽく取り上げてる。っぽい。(なんせスペイン語なもんで)

ちょっと乾燥系なんだけど、村に広い土地はありそうなのね。

翌日、パラグアイに住む友達に会いたいな~、彼女が住んでる場所やパラグアイの日系社会ってどんなところ?って調べてたら、戦後日本が貧しい時に移民した人たちが何もない所を開墾して、すんごい苦労をして農地にして、すんごい苦労をして農作物の収穫が出来るようになり、村にして、市にしていったの。

日本の農民すげー。

で、前日のコロンビアの村の事を考えていたの。

ちょっと待てよ、もしあの土地が痩せていたとしても、第二次世界大戦中、強制収容所に入れられたアメリカ合衆国の日系人は、砂漠のような場所に畑を作ったんじゃなかったっけ?

日本の農民すげー。

もしかして、貧しさの一つの要因は、知恵と勤勉さと努力の問題じゃないかと。


パラグアイ、遠いわ~。
ま、機会とチャンスがあれば、行ってもいいかな~。

という気持ちが、

パラグアイ行ってみたい。
そんな事を成し遂げた、日本の移民、日本の農民、その村や人達やその暮らしを見てみたい!

と、思ってしまい。

航空券を買ってしまいました。

パラグアイの日本人移住地
http://www.mercosur.jp/03_paraguay/tourism-colony.html

今週末パラグアイで日系社会で暮らすYちゃんに会えます。
クリスタライズを立ち上げた頃の、最初の、最初のお客様なんです☆

ちなみに、パラグアイは今、冬だそうです。
Yちゃんに服借りればいいわさ~。

とりあえず、バックパック背負ってパラグアイに行ってみます。
ネットがある限り、クリスタライズの業務は通常通りです。

南米大陸内で長時間の移動などがある時はフェイスブックでお知らせしますのでチェックしてね。

また新しい発見や気づきがある旅になりますように☆
つか、日本食、がんがん食べれる~~~~~(*’▽’)
つか、現地の食材触って料理して食べてみたい!!!

隣のアルゼンチン行ったら、牛肉いっぱいかも(*’▽’)

うどん打って、焼きうどんにした。@キューバ☆

うどん打って、焼きうどんにした。@キューバ☆

☆アロマシールド製品はこちらから☆


月1回の気まぐれなメルマガ
☆登録してね☆





アーカイブ

サイト内を検索