結婚・離婚・子供について、ちょっと考える。。。

結婚・離婚・子供について、ちょっと考える。。。

CRYSTALLIZE
エッセイ


昨日、夕方、自転車で帰宅をしたら、
小学生の女の子が、泣きそうな顔をして、立っていた。

「あんた、どしたん?」
「あのね。お家にカギかかかってて、ママが居ないの」

ママの携帯番号を聞き、かけた。
ママが帰るまで20分位、いろいろしゃべってた。

「お父さん、居ないの。ママが、連絡もつかなくてどこに居るか解らない、って言ってた。」
「お母さん、何の仕事しよるん?」
「ママ、働いてないよ」
「あんた、将来何がしたいん?」
「パティシエになりたいけど、お父さんが居ないから・・・」
「お父さん居なくても、何でもできるから、でも、頑張んないとだよ。学校の勉強ちゃんとしなよ」

なんか、色々考えさせられた。
お父さん、どこに居るのか、解らないんだ・・・。

私の所には子供の頃の出来事や想いが元となった感情を抱えて、
自分と向き合おうとしているお母さんたちも結構集まる。
自分を苦しめる感情に気付いて
自分の人生のすべてを受け入れようとしている段階の人達は
人のせいにせずに、自分と向き合う。

でも、本当に大事なのは、実は子供を産む前、
結婚をする前の段階で、
自分を尊重する事を覚える事なのかもしれないと、ふと思った。

どんな旦那であれ、
その子の半分はそのお父さんから出来てる。
一生逃げる事は出来ない。
妻、奥さんというのは他人。

殴ろうが、嘘をつこうが、騙そうが、利用されようが、
どんな旦那であれ、
その男を選んだのはその女性で、
結果、傷つくことがあっても、その男を選んだのはその人。
その人は一生その子のお父さん。

自分に自尊心があれば、
殴られる事を受け入れる事はないと思う。
殴られたら、自分がこんな目にあっている事がおかしい、あり得ない、と、思うと思う。

愛されたい、という、想いは、
子供の頃に受け取る愛が足りなかったのかもしれない。
その愛が枯渇している人は、愛を模索し、求める事に振り回される。

自分を愛し、尊重する事を覚えて欲しい。
それは、そんなに簡単じゃない事も解ってる。
子供を置いて、他の異性から愛される事を求めて行った人たちも身近に見てきた。子供たちはどこかで、自分が大切な、価値ある存在ではないと、心の奥に思うのかもしれない。

感情と向かい合い、自分と自分の生を受け入れ、
自尊心を持ち、自分を価値のある人間と、知り、
その上で、あなたの元に産まれる命を共に産み育む、お父さんになる人を、出来る事なら選んでほしい。

自分を安売りしないでほしい。
快楽を求めるのなら、責任を持って避妊をしてほしい。

どんな親でも、その子にとっては、自分の体の元を生みだした親。
子供の魂は、親を選んで生まれてくる、と、私は信じてる。
でも、自尊心を持って、親となってほしい。
その子の目を見ながら、そんな風に思った、昨日でした。

☆アロマシールド製品はこちらから☆


月1回の気まぐれなメルマガ
☆登録してね☆





アーカイブ

サイト内を検索